枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室  こえだかミュージックスペース

枚方市駅からバスと徒歩で10分、山之上北町。1回ずつの予約可。  子どもから大人まで、基礎から丁寧に学ぶ個人レッスン。      障害児者、応相談。https://koedaka-music.jimdo.com

いい手の形ができてきています

導入期のレッスンでの課題、いろいろありますが

演奏技術に関しては、「いい手の形」を作ることを大切にしています。

 

鍵盤楽器を弾いておられるお子さん、

親指や小指の側面で鍵盤を弾いていませんか??

 

これでは

親指や小指の音だけ大きくなってしまったり、

早い指の動きができなくなってしまいます。

 

いい手の形ができていないまま練習し、定着すると、

修正に時間がかかる上に、

お子さんに「あなたはできてない」というメッセージを送ってしまうことになります。

これまでの練習を否定することにもなりかねません。

それではお子さんがかわいそうです。

 

そんなことがないように、最初から、いい手の形で演奏させてあげたいと思います。

 

当教室の導入期のレッスンでは、手を触らないことがありません。

「いい手の形」は話ではなかなか伝わりません。

実際に自分の手で「いい手の形」を経験するとわかりやすい。

個人レッスンだからこそ、可能な指導です。

 

ご同伴の保護者さまの手でも体験していただきますと、

鍵盤楽器経験がある方でも、この手の形の作り方を「知らなかったです」とおっしゃいます。

 

実はわたしもこのような手の形の作り方は習いませんでした。

時代とともに「いい手の形」も進化しているのです。

 

この「いい手の形」は簡単には身につきません。

演奏独特の動きだからです。

 

最初は、もう無理なのか?というくらい、なかなか形が作れなかったお子さんも、

練習を積み重ねて、「いい手の形」で演奏してくれています。

 

特に最近、全体にレベルが上がってきているように思います。

あの子も、この子も、できるようになってきた!って感じです。

今後がとても楽しみです。

 

あきらめないで続けることの大切さ。

いつも子どもたちから教えてもらっています。

 

最後までお読みくださって、ありがとうございます。

もしよろしければ、何か一言コメントを残していただけるとうれしいです

 

こえだかミュージックスペース