枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室  こえだかミュージックスペース

枚方市駅からバスと徒歩で10分、山之上北町。1回ずつの予約可。夏の短期集中講座募集中!子どもから大人まで、基礎から丁寧に学ぶ個人レッスン。障害児者、応相談。https://koedaka-music.jimdo.com

~初めてのレッスン~鍵盤で最初に演奏するレッスンで大切にしていること

大阪府枚方市の個人レッスン エレクトーン・ピアノ音楽教室こえだかミュージックスペース」です。

 

今日は夏休みの日曜日。

ひらかたパークの入口では朝からたくさんの人が列を作っていました。

スライダーにも列が。(10時の画像)


f:id:koemusic:20170806211323j:image

 

さて。

当教室では、初めて鍵盤楽器を学ぶ方々(お子さま含む)のレッスンに力を入れています。

 

この時期の課題は、どれも本当に重要なものばかり。

基礎の基礎で、今後を支える土台になります。

 

鍵盤を弾く初めてのレッスンでは、

「単に音を出す」と「弾く」の違いをお伝えします。

 

ピアノもエレクトーンも、触れば音が出ます。

弦楽器や管楽器のように、「音が出ない」ということがありません。

それだけに、単なる「音を出す」が「弾く」になりやすいように思います。

 

最初に伝えることがポイントだと考えています。

最初に「OK」になったことは、その人にとっての定義になるからです。

定義をあとから変えるのは、手間も時間もかかります。

 

言い換えると、

最初に学ぶと定義になり、定着するということになります。

 

指の形

指のどこが鍵盤につくのか

どう触れて、どう離すか

手の形

腕の動き

重さのかけかた

など。

他に、座り方も忘れずに。

 

まずは概略を話して、実際にやってみます。

(ここまでに下準備をしています)

 

ここで完全にできなくてもいいのです。

子どもたちはこれらを意識するようになります。

 

指番号通りの指で、楽譜通りの音と長さであっても、音を出しただけでは曲ではない。

 

歌心あふれる曲を演奏するための練習は、初めて鍵盤を弾く、その一音から始まります。

 

そしてそのレッスンを担当する責任の重さを、緊張感をもって受け止める毎日です。

 

 

【お知らせ】

年長から小2対象の「夏の短期集中講座」を開催します。

8/27と9/3の日曜日、10時から12時で2日間セットです。

当教室で習い始めに学ぶ課題を、効率よくわかりやすく楽しく学ぶ2日間です。

有料体験として、音楽の授業の参考に、ご活用くださいませ。

 

詳しくは下記の記事をご覧ください。

わかりやすくて楽しいレッスンを体験できる「夏の短期集中講座」を開催します - 枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室 こえだかミュージックスペース

 

昨年の様子は下記の記事に掲載しております。

 

夏の短期集中講座、1日目終了 - 枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室 こえだかミュージックスペース

 

夏の短期集中講座、2日目(最終日) - 枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室 こえだかミュージックスペース

 

お申込お待ちしています。

お問い合わせはお気軽にお寄せ下さい。

(講座の申込先のアドレスへメールをお送りください)