枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室  こえだかミュージックスペース

枚方市駅からバスと徒歩で10分、山之上北町。1回ずつの予約可。子どもから大人まで、基礎から丁寧に学ぶ個人レッスン。障害児者、応相談。https://koedaka-music.jimdo.com

2019年 夏のコンクールに向けて

大阪府枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室こえだかミュージックスペース」です。

 

夏からスタートする「グレンツェンピアノコンクール」に

小学生7人が出場することになりました。

↓ 

グレンツェンピアノコンクール公式サイト | ピアノコンクール

 

7人中6人は、初めてのコンクールです。

 

当教室では、コンクール出場は強制や義務ではありません。

「こんなコンクールがありますよ~」とご紹介させていただき、

出場するかどうかは各自の判断にお任せしています。

 

コンクールもそれぞれに特徴があります。

最初の予選から最終の大会までの回数も、いろいろ。

課題曲のレベルがあまり高くないものも増えて、

出場の選択肢は増えています。

 

コンクールに出場すると、さまざまな経験ができます。

練習期間においては、
目標に向かって努力を重ねること、
その中で自分のできなさと向き合うこと、
それでも逃げずに挑戦すること、
自分に満足しないこと。

 

本番においては、
いつもと違った場所や雰囲気の中で、普段の力を発揮すること。

 

結果はしっかり受け止めること。

 

これらの経験が、成績以上に大切だと思っています。

 

コンクール出場となると、スパルタ的な厳しい練習をするイメージがある方もおられるかもしれませんが、

練習自体は普段通りの和気あいあいモードです。

 

普段のレッスンと違うのは、1曲をとことん掘り下げて、細かい部分にもこだわって練習していくことです。

 

7人の演奏曲が決まりました。


f:id:koemusic:20190522084208j:image

 

こちらもしっかりとアナリーゼ(曲の分析)をする必要があります。

そして見えてくる、イメージや表現、そのためのテクニック、などなど。

どう伝えるのが子どもたちにわかりやすいかを、考える。

子どもたちの演奏を聴いて、伝え方を見直す。

アナリーゼも続ける。

この繰り返しが続きます。

 

子どもたちがコンクールに出場することは、こちらにもまた多くの勉強の機会をもたらしてくれます。

ありがたいことです。

 

当教室では、コンクールに出場してピアノがイヤになったお子さんはおられません。

それどころか、またコンクールに出場されます。

 

学校の部活で大会に出場するのはごくごく当たり前のこと。

そんな感覚で、コンクールをどんどん利用していただきたいと思います。

(秋冬開催のピアノコンクールも要項が発表されています)

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..o

 

大阪府枚方市の個人レッスンエレクトーン・ピアノ教室「こえだかミュージックスペース」では、 

「一人で楽譜が読めて」「いい音で弾けて」「思いを表現する」演奏を目指して、

基礎を大切にするレッスンをおこなっています。

レッスンは、3歳以上なら何歳でも、いつからでも、未経験でも始められます。

 

習ったけど楽譜が読めない、指が動かない、というお子さまにも来ていただいてます。

何をつまづいたのかを分析して、基礎をしっかり作っていきます

何ごとも、基礎=土台がしっかりしていなければ、積み重ねていくことができないという考えで、レッスンを進めています。

わかりやすくて力がつくための、オリジナルのレッスングッズもたくさん!

 

2019.05.22現在、"平日15時以降と土曜全日"の時間帯での利用をご希望の方の新規入会は、キャンセル待ちを含めて受付を停止しております。

募集再開時期は未定です。申し訳ありません。

再開時にはホームページ・FacebookTwitterでお知らせいたします。

 

午前中など平日15時までの時間のレッスンをご希望の方の新規ご入会は受け付けております。

 

ランダムにお好みのペースで予約ができますので、お忙しい大人の方にも来ていただいています。お子さんが通園・通学中の時間に、お仕事の合間に、1レッスンずつ予約して、続けてみませんか?

 

無料体験は、通常のレッスン時間帯のほか、月曜にも実施しています。

これらの時間で都合が合わない時は、別途調整しますので、お問合せください。

お問合せ・お申込みは、コチラになります

 

講師の手づくりホームページはこちらです。