枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ教室 こえだかミュージックスペース

枚方市駅からバスと徒歩で10分、山之上北町。1回ずつの予約可。子どもから大人まで、基礎から丁寧に学ぶ個人レッスン。障害児者、応相談。

指先の重みは理科の実験と同じだと気づいた小3 Aちゃん

大阪府枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室こえだかミュージックスペース」です。

 

鍵盤楽器を演奏するときの指は、

関節が自然と内側に曲がった形になるようにします。

いつもこの形で弾けるようになることは、

とても大切です。

初期のレッスンでは重要な課題になります。

 

しかし、弾く前にその手の形を作っても、

いざ弾くとなると、指の第一関節を伸ばし、

指の腹を鍵盤にペタッとくっつけて

演奏するお子さんもおられます。

レッスンでは、いい指の形を意識してもらって、

指を伸ばした形が癖にならないようにします。

 

この、第一関節を曲げた指の形で演奏できると、

指先に重さをかけられるようになります。

(ピアノもエレクトーンも、重さをかけることで、音を作ります)

 

反対に、指先が伸びていると、

鍵盤に重さがかけられません。

 

そのことを、小3のAちゃんに体感してもらいました!

 

Aちゃんの手のひらの上に、わたしの指を2通りの形で乗せます。

 

①指先の第一関節を曲げて、鍵盤に当てた場合

f:id:koemusic:20200322203002j:image

 

②指先を伸ばして、鍵盤に当てた場合

f:id:koemusic:20200322203027j:image

 (実際は、Aちゃんの手のひらに、指を乗せました)

 Aちゃんの手のひらの感じ方(=ピアノへの伝わり方)の違いは??

 

 Aちゃんは、①の方がパワーを感じると答えてくれました。

 

その通りなんです!

 

指先が触れる面積を比べてみると

①は狭くて、②は広い

 

と、そこまで話すと、

Aちゃんは気づいたのです!

 

虫眼鏡で光を集めると、紙が焦げる実験と同じ!!

紙の上の光が、狭いほうが早く焦げる!

 

これですね!

f:id:koemusic:20200322220911p:plain

懐かしい、理科の実験です。

なるほど!言われてみれば、確かに!

こんな共通点があったのですね。

Aちゃんにいいこと教えてもらいました(⋈◍>◡<◍)。

 

このことに気づいてからのAちゃん、

指に重さが乗るようになってきました。

 

手のひらで体感し、理科の実験を通してその理由もわかって

理解が深まったようです。

 

Aちゃんのピアノの音、これからますますよくなることでしょう!

 

♥・*:.。 。.:*・゚♡・*:.。 。.:*・゚♥・*:.。 。.:*・゚♡・*


大阪府枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室こえだかミュージックスペース」では、
「一人で楽譜が読めて」「いい音で弾けて」「思いを表現する」演奏を目指して、
基礎を大切にするレッスンをおこなっています。


レッスンは、3歳以上なら何歳でも、いつからでも、未経験でも始められます。

習ったけど楽譜が読めない、指が動かない、というお子さまにも来ていただいてます。
何をつまづいたのかを分析して、基礎をしっかり作っていきます。
何ごとも、基礎=土台がしっかりしていなければ、積み重ねていくことができないという考えで、レッスンを進めています。
わかりやすくて力がつくための、オリジナルのレッスングッズもたくさん!

 

2020.03.22現在、"平日15時以降と土曜全日"の時間帯での利用をご希望の方の新規入会は、満席のためキャンセル待ち・体験レッスンを含めて受付を停止しております。

次回の募集再開時期は未定です。申し訳ありません。

再開時には当ブログ・ホームページfacebookTwitterでお知らせいたします。


午前中など平日15時までの時間のレッスンをご希望の方の新規ご入会は受け付けております。

ランダムにお好みのペースで予約ができますので、お忙しい大人の方にも来ていただいています。お子さんが通園・通学中の時間に、お仕事の合間に、1レッスンずつ予約して、続けてみませんか?

 

無料体験は、通常のレッスン時間帯のほか、月曜にも実施しています。
これらの時間で都合が合わない時は、別途調整しますので、お問合せください。
お問合せ・お申込みは、コチラになります。

講師の手づくりホームページはこちらです。

koedaka-music.jimdofree.com