読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枚方市 個人レッスンのエレクトーン・ピアノ音楽教室  こえだかミュージックスペース

枚方市駅からバスと徒歩で10分、山之上北町。1回ずつの予約可。  子どもから大人まで、基礎から丁寧に学ぶ個人レッスン。      障害児者、応相談。https://koedaka-music.jimdo.com

「ちゃんとしなさい」は子どもにわかりやすいのかどうか

「ちゃんとしなさい」

親なら、つい言ってしまう言葉です。

 

でも、よく考えてみると、「ちゃんとしなさい」と言ったときに、子どもがちゃんとすることって、案外少なくありませんか?

行動を止めるだけってことも、多いような気がします。

そんなことから思うのです。

「ちゃんとしなさい」は、子どもにはわかりにくい表現なのではないかと。

 

「ちゃんと」の中身は、時と場合によって変わります。

「静かにする」の場合もあれば「大きな声で話す」の場合もあるでしょう。

「動かず座っておく」の場合もあれば「走る」の場合もあるでしょう。

 

「ちゃんと」は、実は何にでも使える万能な言葉で、大人の側にはとても便利なものなのです。

 

しかし子どもの側にすれば、その場で求められる「ちゃんと」を判断しなくちゃいけない。これは子どもにとって、とても難しいことです。

 

「ちゃんと」の中身を具体的な言葉にすると、子どもにわかりやすい伝え方になるのではないでしょうか。

ここに「指示」「命令」の気持ちを持ち込まないのもポイントです。

 

そして、その通りにできたお子さんには「その通りにしてくれたんだね。うれしかったよ」と、子どもの行動を認めます。良し悪しの判断(いい子だねなど)はしません。

 

自分ががんばったことで、親が喜んでくれる。

小さなお子さんには、こんなにうれしいことはないでしょう。

 

枚方市山之上の個人エレクトーン・ピアノ教室「こえだかミュージックスペース